GROUP LIST 事業紹介

日本を代表するエネルギー商社として、
課された使命を果たす。

少子高齢化による人口減少。そして低燃費化やハイブリット技術の台頭。国内のエネルギー情勢は近年大きな転換期を迎えています。
そんな中、私たち伊藤忠エネクスは再生可能エネルギーや電力、熱供給など新たな事業領域にもいち早く進出し、
海外事業への取り組みも積極的に進めています。
エネルギーは、どんなに時代が変化しようと人々のくらしに欠かせない存在。だからこそ、
その時必要とされるエネルギーを最適なかたちで供給し続ける。それが私たちに課せられた大きな使命なのです。

ホームライフ部門

国内約108万世帯のご家庭や法人のお客様にLPガス・都市ガス・電力をお届けする事業。キッチンやお風呂のリフォームといった生活関連商品・サービスもあわせてご提供しており、近年は太陽光発電システムや家庭用燃料電池「エネファーム」、非常用電源として利用可能な家庭用リチウムイオン蓄電システム「エネパワボSX」などのスマートエネルギー機器も販売。豊かな次世代を築くためのライフスタイルを提案しています。

電力・ユーティリティ部門

2016年4月1日にスタートした「電力小売の全面自由化」。伊藤忠エネクスでは、2010年からいち早く電力小売事業に参入し、2017年3月現在、全国に6ヵ所の発電所を保有しております。2012年には熱供給事業を行う東京都市サービス(株)をグループ会社化し、18ヵ所の熱供給センターも運営。これら高い技術力とネットワーク力を駆使し、省エネルギーサービスを提供するなど着実に事業を拡大しています。

カーライフ部門

商社系として国内No.1の規模を誇る約1,900ヵ所のネットワークを構築しているカーライフ事業。コンセプトは、「SS(サービス・ステーション)からCS(カーライフ・ステーション)へ」。給油や日常の点検のみならず、レンタカーサービスなどを含めた複合的なサービスを展開し、独自の収益構造を実現しています。また、傘下のカーディーラー日産大阪販売(株)を通じて、日産車の販売事業も行っています。つまり、自動車にまつわる総合サービスを提供し、新たなカーライフを作り上げる事業です。
※CS(カーライフ・ステーション): 当社が提案する複合サービス給油所

エネルギーイノベーション部門

産業用エネルギーのリーディングカンパニーとして、石油製品・LPガス・天然ガスなどのエネルギーやアスファルトなどの資材を法人のお客様へ安定供給しています。また、国内外の主要港での船舶用燃料販売事業やタンカーの傭船・運航事業、タンクオペレーションなどもグローバルに展開しており、今後は海外での新たなビジネス発掘を推進していきます。そして、ものづくり大国・日本の成長をこれからも支え続けていきます。

管理部門・経営企画

これまでつくり上げてきた既存ビジネスをさまざまな側面からサポートする部署。会社運営のさらなる効率化・健全化を図り、培ってきたノウハウを最大限まで活かせる環境を整えること。そして、今後海外も視野に入れた新たな事業を展開すべく、会社の未来をデザインしていく役割を担っています。

※2017年3月現在