伊藤忠エネクス株式会社

新型コロナウイルスに対する対応方針

2021年06月04日

当社は、社長を対策本部長とする新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、新型コロナウイルス感染症への全社対応方針ならびに必要な施策の決定・遂行、継続的な情報収集と社内外への情報発信を行い、適正な全社マネジメントを行っております。これらの感染防止対策は、お客さまの安全なくらしを守ることにも直結し、経営理念「社会とくらしのパートナー」としての使命を果たすことにつながると考えます。

従業員への対応

「従業員の安全」「感染防止」を最優先事項として取り組んでおり、業務の遂行に必要なネットワーク環境を迅速に強化したうえで、従業員は在宅勤務ならびに時差出勤を活用し、感染リスクの低減を図っております。やむを得ず出社を要する従業員に対しては、引き続き衛生管理と安全な環境に配慮した職場環境に努めてまいります。
また、コロナワクチン接種に要した時間は勤務と見做し当日の在宅勤務を奨励しているほか、接種の翌日は特別休暇を取得可能としています。今後も引き続き、従業員が安心して働ける環境を構築してまいります。

お客さまへの対応

「生活不安に対応するための緊急措置」を踏まえた経済産業省からの要請を受け、新型コロナウイルス感染症の影響による休業および失業等で、各都道府県社会福祉協議会から「緊急小口資金」または「総合支援資金」の貸付を受けている方で、一時的に料金のお支払いが困難となったお客さまからのお申し出をいただいた場合、電気料金・ガス料金等の支払期日を延長する特別措置を講じております。

社会への対応

東京都内において宿泊事業者と協働し、医療従事者向けに宿泊施設を提供したほか、北海道・東北・中四国エリアで医療施設や保育園にマスクを寄付いたしました。グループ会社の日産大阪販売㈱は、大阪府に新型コロナウイルス感染症の軽症者受け入れ施設への医療備品運搬用の公用車として電気自動車を寄贈いたしました。また、医療従事者へ向けた支援策として有志従業員より支援金を募り、日本赤十字社並びにNursing Nowキャンペーン実行委員会代表 公益社団法人 日本看護協会へ合計216万6千円を贈呈いたしました。さらに、外出自粛期間における在宅中の親子向けに、これまで社会貢献活動として当社主催で行ってきた朗読会「ことばの力を楽しむ会」の動画を挿絵とともに公開しております。

株主・投資家への対応

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、直接的な対面の機会は減っておりますが、今後も株主や投資家の皆さまへは様々な形でフェアディスクロージャーに基づいた積極的な対話の機会、双方向のコミュニケーションを行ってまいります。尚、今後、中期経営計画等の修正が必要な場合には速やかに公表いたします。