CSR・コンプライアンス体制

グループ全体を機能的に管理するCSR・コンプライアンス体制構築の取り組み

お客様・消費者、お取引先・サプライヤー、地域社会、従業員、株主・投資家の皆様、環境活動など、当社のすべての事業活動に関わるステークホルダーへの社会的責任を果たすため、グループ全体を機能的に管理するCSR・コンプライアンス体制を構築しています。

全体の最高責任者としてCCO(Chief Compliance Officer:最高コンプライアンス責任者)、経営会議の諮問機関として「リスクマネジメント委員会」を置き、さらに各事業部門及びグループ会社に「CSR・コンプライアンス責任者」を配置し、それぞれの役割と機能を組織的に運用することによりグループ全体のCSR・コンプライアンスの徹底を図っています。