東京都内で初めて『GTL燃料』の使用が開始されました

2020年05月28日
  • facebookへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • lineへのリンクボタン

東京都内で初めて『GTL燃料』の使用が開始されました

伊藤忠エネクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:岡田賢二)は、当社が取扱う『GTL燃料』が、戸田建設株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:今井雅則、以下「戸田建設」)の旧本社ビル解体工事現場の重機向け燃料として2020年3月より使用が開始されたことをお知らせいたします。
今回の『GTL燃料』採用は、東京都内において大手建設会社が建設現場の重機(全8台)向け燃料として『GTL燃料』を正式に採用した初めての事例となります。
 
戸田建設では、エコ・ファーストの約束※1、SBTイニシアチブ※2において事業活動におけるCO2排出量の削減目標を設定しており、その目標達成を通じて脱炭素社会の実現へ貢献しております。『GTL燃料』の使用は、現在該社の建設事業に欠かすことのできない、建設機械の燃料となる軽油の使用により排出されるCO2排出量の削減に効果を発揮します。
また、『GTL燃料』には煤が出にくいといった効果(NOx(窒素酸化物)、PM(ばい煙や粉じんなどの粒子状物質)を削減出来る環境負荷の少ない燃料)もあるため、今後トンネル工事作業所での使用等、引き続きご検討を頂いております。

エネクスグループでは、経営理念「社会とくらしのパートナー」のもと、エネルギー企業としてエネルギーの安定供給を行うとともに、今後も低炭素社会の実現、環境負荷低減、持続可能な社会への貢献を目指してまいります。
 
※1…エコ・ファーストの約束:環境省が進めるエコ・ファースト制度に対し、企業が自らの環境保全に関する取組みを約束するもの。
※2…SBTイニシアチブ:Science Based Targets。気候変動など環境分野に取組む国際NGOのCDP、国連グローバル・コンパクト等による国際的な共同計画で企業のCO2排出削減目標を認定しているもの。

 

《参考1》“TODA BUILDING”概要
1.建設地
  東京都中央区京橋一丁目7番1号
2.規模
 【敷地面積】 約 6,147 ㎡
 【延べ面積】 約95,000㎡
 【建物階数】 地上28階、地下3階
  最高高さ】 約171m
3.予定工期
  2021年春予定~ 2024年夏予定
4.その他
戸田建設ホームページ

戸田建設本社ビル 外観イメージ
 ※GTL燃料の特徴等、GTL燃料の詳細につきましては当社ホームページも合わせてご覧下さい。


【本件に関するお問い合わせ先】
伊藤忠エネクス株式会社 産業ビジネス部門
環境ビジネス部/山田・坂口
TEL 03-4233-8073

  • facebookへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • lineへのリンクボタン