山根基世さんの朗読作品公開のお知らせ(ことばの力を楽しむ会より)

2020年04月23日
  • facebookへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • lineへのリンクボタン

山根基世さんの朗読作品公開のお知らせ(ことばの力を楽しむ会より)

伊藤忠エネクス株式会社では、2013年度より、東日本大震災の被災地の方々の生きる力を応援したいという想いのもと、朗読と音楽のコラボレーションを楽しんでいただく「ことばの力を楽しむ会」を開始いたしました。
今では、次世代育成ならびに地域貢献のための取組みとしての意味も加わり、毎年継続的に開催しているイベントです。
この度、これまでの「ことばの力を楽しむ会」で山根基世さんが読んだ朗読作品の一部を、挿絵とともに動画で配信することにいたしましたのでお知らせします。新型コロナウィルス感染拡大による外出自粛要請で休校を余儀なくされているお子さまたちをはじめ、全国の皆さまに少しでもことばの力を楽しんでいただければ幸いです。

動画は下記よりご覧いただけます。(配信期間:2021年4月20日迄)

朗読した山根基世さんのコメント ~「ごんぎつね」について~
「ごんぎつね」は、40年前から今日まで全教科書で取り上げられているお話です。
4年生以上のみなさんは教科書で読んだことがあるでしょう。お父さんやお母さんも、教科書で読んだという方が多いと思います。どんな時代、何歳の人が読んでも、その時その人なりの解釈ができる名作です。
でも、私がここで朗読しているのは教科書とは少し違っています。作者の新美南吉がまだ18歳の時、自分のノートに書いた、そのままの形です。教科書にのっているのは、ノートに書いた作品を「赤い鳥」という雑誌にのせる時に、全国の子どもたちにわかりやすくするために一部書きかえられています。教科書のお話と比べてみるのも面白いかもしれませんね。
聞き終わったあと、あの時ごんぎつねはどんな気持ちだったのかな、兵十はどうだったんだろうなどと想像しながら、口の中で飴玉をころがすように、このお話を味わっていただけたら、嬉しいです。

山根基世(伊藤忠エネクス株式会社社外取締役/元NHKアナウンサー)

  • facebookへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • lineへのリンクボタン