グループサステナビリティ方針策定および重要課題特定に関するお知らせ

2021年11月18日
  • facebookへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • lineへのリンクボタン

グループサステナビリティ方針策定および重要課題特定に関するお知らせ

伊藤忠エネクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:岡田賢二)は、持続可能な社会の実現と企業価値の向上に向けて、当社グループにおけるサステナビリティ方針を策定ならびに重要課題を特定しましたのでお知らせいたします。

1.目的
近年、気候変動をはじめとした地球環境問題が深刻化する中、様々な社会課題の解決に向け国連SDGsや温暖化対策の枠組みであるパリ協定達成に向けた取組みがグローバルで加速しています。
当社グループは経営理念「社会とくらしのパートナー~エネルギーと共に・車と共に・家庭と共に~」のもと、これまでも持続可能な社会の実現に取り組んでまいりましたが、これまで以上に中長期的にグループ全体でサステナビリティへ寄与する取り組みを強化、実行するための「サステナビリティ方針」を策定ならびに当社グループが優先的に取り組むべきサステナビリティ重要課題(マテリアリティ)を特定しました。

2.サステナビリティ方針

伊藤忠エネクスグループは、
“社会とくらしのパートナー”として、
エネルギーとサービスをお届けすることを使命とし、
人々の豊かなくらしと持続可能な社会の発展に貢献しつつ
自らの企業価値の向上を目指します。

・事業を通じたカーボンニュートラル社会への貢献
   ・エネルギーの安定供給を通じた豊かな地域社会への貢献
   ・ステークホルダーから信頼されるガバナンス体制の構築

3.サステナビリティ重要課題(マテリアリティ)
サステナビリティ方針に基づき、サステナビリティ課題(マテリアリティ)を特定しました。これらの課題に対する取り組みを通じて持続可能な社会づくりに貢献し、より一層の企業価値向上に努めてまいります。また、重要課題に関する取り組みについては、サステナビリティ委員会において進捗を管理してまいります。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
伊藤忠エネクス株式会社
サステナビリティ推進室
力石雅子 TEL:03-4233-8023

  • facebookへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • lineへのリンクボタン