高品位尿素水 AdBlue(アドブルー)

アドブルー巡回供給体制

伊藤忠エネクスでは全国20ヵ所にアドブルーセンターを設置し、また全てのセンターに給水車を配備しているため、全国各地のお客様に安定してアドブルーをお届けすることが可能です。またお客様のご要望に合わせ、様々な供給形態にてアドブルーをお届けします。

巡回給水サービス

全国20ヵ所のアドブルーセンターより専用巡回給水車による量り売りが可能です。

巡回給水概要

量り売りとは

専用巡回給水車全てに計量機が装備されております。給水した分だけ伝票を切ることが可能です。

最低給水数量

原則400L以上(※)

エリア別計画給水

稼働現場及び容器設置場所へエリア別に計画給水します。

給水容器に関して

コンテナ及びポリドラムへ給水します。

※ コンテナ在庫を絞りきる必要はありません。

アドブルーセンターMAP

路線便による配送

全てのお客様のご要望にお答えするため、伊藤忠エネクスではコンテナやドラム、BIBなど様々な配送形態をご用意し、お客様に最適な方法でアドブルーをお届けします。

IBCコンテナ、200Lドラム充填配送

  • 一部、巡回給水サービス対象地域外での対応です。
  • 最寄の基地より路線便にて配送いたします。
  • 使用済みIBCコンテナ及びドラム容器は専用便にて回収します。
  • 回収されたコンテナ・ドラムは洗浄・検査し再利用します。

※ 注意事項

  • 空容器であることを確認してください。
  • 排出ノズル、液取りセット等の付属部品を取り外してお客様で保管してください。
  • お客様側でフォークリフトが必要です。

BIB配送

BIB(バック・イン・ボックス)20L、10Lを全国へ配送いたします。

アドブルーの環境性

日本では地球環境と国民健康の保護を目的として制定されたいわゆる「新長期規制」(平成17年10月~)および「ポスト新長期規制」(平成21年10月~)により、ディーゼル車から排出される窒素酸化物(NOx)及び粒子状物質(PM)に関し、世界最高水準である厳しい規制がかけられています。
NOx削減とPM削減という背反する命題を解決するための一つの方法として、PMの削減はエンジン内で行い、NOx削減は排気ガス処理で行うという方法が考えられました。これが「尿素SCR(Selective Catalytic Reduction:選択(的)触媒還元)システム」と呼ばれるものです。

具体的には排気ガス中に尿素水を噴霧することでアンモニアによる還元反応を利用し、NOxを無害な窒素と水に分解します。この尿素SCRシステムの導入により厳しい基準値をクリアーできるばかりでなく、他の排出ガス抑制技術に比べ燃費の改善が期待できること、エンジンに対する負荷が少ないこと等の理由により、同システムはトラック・バス製造各社に採用され、また日本だけでなくディーゼル車の割合が高い欧米においても排出ガス対策の主流となっています。

このシステムに使用する尿素水は、システム保護と性能の確保という観点から非常に高いスペックが求められており、スペックを満たす製品のみがドイツ自動車工業会(VDA)が認めた「AdBlue(アドブルー)」を名乗ることができます(「AdBlue」「アドブルー」はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です)。つまり「AdBlue(アドブルー)」とは、「高品位尿素水」であることの証明なのです。これは全世界的に使用されている商標であり、欧米及び日本国内自動車各社は尿素SCRシステムに対し「AdBlue(アドブルー)」を使用することを指定・推奨しています。

伊藤忠エネクスでは環境問題に対する取り組みの一環として、この「AdBlue(アドブルー)」の販売を行っております。

アドブルーの物性

アドブルーは危険物・毒劇物の指定はありません。ただし、水質汚濁防止法令が適用されるため、残液及び、残液を含む空容器を廃棄する場合には都道府県知事の許可を得た産業廃棄物処理業者に委託し、適切な処理をしてください。

物性

  • 尿素 32.5WT%
  • 無色、無臭、無害
  • 危険物・毒劇物指定無し
  • 尿素は化粧品(保湿剤)、医薬品、肥料等多用途に使用
  • 自動車用尿素水はJASO(日本自動車技術会規格)に規定あり

直射日光を避けて風通しのよい場所で保存して下さい。

保存温度
シェルフライフ
10℃以下
36ヶ月
25℃以下
18ヶ月
30℃以下
12ヶ月
35℃以下
6ヶ月
36℃以下
-
※シェルフライフとは条件温度下での保管寿命のことです。
(ISO9001:2008規格に基づく)

アドブルーの荷姿と給水ツール

アドブルーの荷姿

お客様の使用状況、ご要望に応じて4種類の容器をご用意しております。

最低発注ロット

1m³(1kl)コンテナ 1個(路線便)。巡回給水は400Lから供給
200Lポリドラム 1本(路線便)。巡回給水は3本設置、400Lから供給
BIB 20L・10箱 10L・20箱(路線便)
5Lポリ容器 5L×4本(路線便)

保存条件

  1. 直射日光を避ける
  2. 常温以下
  3. 風通しがよい

アドブルーの給水ツール

BIB(10L、20L)、5Lポリ容器に関しましては専用のノズルにて給水いただきます。1m³コンテナ、ドラムからの給水につきましては多種類の用具をご用意しております。

使用頻度、使用状況等に応じご相談させていただきます。詳しくはお問い合わせください。