大手道路会社の合材工場の重機向け燃料として『GTL燃料』が正式に採用されました

2020年12月14日
  • facebookへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • lineへのリンクボタン

大手道路会社の合材工場の重機向け燃料として『GTL燃料』が正式に採用されました

伊藤忠エネクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:岡田賢二)は、当社が取り扱う『GTL燃料』が、大成ロテック株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:西田義則、以下「大成ロテック」)の成田合材工場で使用される重機向け燃料として、2020年9月より使用が開始されたことをお知らせいたします。

今回の『GTL燃料』採用は、大成ロテックの合材工場における重機向け燃料として正式に採用された初めての事例となります

大成ロテックでは、低炭素社会の実現を目指し、施工時、製品製造時のCO2削減に努めています。
『GTL燃料』の使用は、該社の合材工場に欠かすことのできない、重機・フォークリフトなどの燃料となる軽油の使用により排出されるCO2排出量の削減に効果を発揮します。また、『GTL燃料』はNOx(窒素酸化物)、PM(ばい煙や粉じんなどの粒子状物質)を削減出来る環境負荷の少ない燃料であり、煤が出にくいといった効果もあるため、労働環境の改善にもつながります。今後は該社が全国に展開する合材工場の重機・フォークリフトなどの軽油代替燃料として順次切換え実施のご検討を頂いております。
 
エネクスグループでは、経営理念「社会とくらしのパートナー」のもと、エネルギー企業としてエネルギーの安定供給を行うとともに、今後も低炭素社会の実現、環境負荷低減、持続可能な社会への貢献を目指してまいります。

 

《参考1》“成田合材工場(成田アスコン)”概要
1.住所
  千葉県成田市津富浦1006
2.アスファルトプラント・破砕設備概要
 【敷地面積】 18,317 ㎡
 【合材製造能力】 再生90t/h、バージン96t/h、
          合材貯蔵サイロ120t + 140t
3.その他
大成ロテックホームページ

成田アスコン 外観イメージ
 ※GTL燃料の特徴等、GTL燃料の詳細につきましては当社ホームページも合わせてご覧下さい。




【本件に関するお問い合わせ先】
伊藤忠エネクス株式会社 産業ビジネス部門
環境ビジネス部/山田・坂口
TEL 03-4233-8073

  • facebookへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • lineへのリンクボタン