群馬県高崎市におけるメガソーラーの取得に関するお知らせ

2021年12月09日
  • facebookへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • lineへのリンクボタン

群馬県高崎市におけるメガソーラーの取得に関するお知らせ

伊藤忠エネクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:岡田賢二)は群馬県高崎市における大規模太陽光発電所(ソーラーフレンドリーシティ発電所、Sanko 72 Country Club 40MW発電所)を取得しましたのでお知らせいたします。

両発電所は特別目的会社2社にて建設され、2021年9月に運転開始しております。当社は両特別目的会社の持分を50%ずつ保有しておりましたが、2021年11月末に両社の全持分を取得いたしました(当社連結子会社化)。

両発電所は、高崎市内の同一ゴルフ場跡地に建設されたもので、パネル容量は65.3MW、年間発電量は74,000MWhを計画、これは一般家庭約20,500世帯の電気使用量に相当します。

今回、2社の連結子会社化により、当社グループの再生可能エネルギー発電容量は109.2MWとなりました。また、当社がスポンサーを務める上場インフラファンドのエネクス・インフラ投資法人(以下、EIF)は8物件、138.9MWの太陽光発電所を有しており、当社及びEIFで約250MWの再生可能エネルギーによる発電所を運営しております。

今後も当社グループは、経営理念「社会とくらしのパートナー」のもと、再生可能エネルギーの取り組みを通じて、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

【発電事業会社概要】
特別目的会社 発電所名称 所在地 パネル容量 運転開始日
TAKASAKIメガソーラー合同会社 ソーラーフレンドリーシティ 群馬県高崎市 11.6MW 2021年9月7日
SHINKO 合同会社 Sanko 72 Country Club 40MW 群馬県高崎市 53.7MW 2021年9月3日
    65.3MW  

【発電所写真】

【本リリースに関するお問い合わせ先】
伊藤忠エネクス株式会社
経営企画部 コーポレート・コミュニケーション室
担当:青柳 匡彦 TEL:03-4233-8003

  • facebookへのリンクボタン
  • twitterへのリンクボタン
  • lineへのリンクボタン