伊藤忠エネクス株式会社

気候変動

CO2排出量削減目標

エネクスグループは2030年及び2050年に向けた中長期的なCO2排出量削減ターゲットを定めており、事業を通じ社会全体のCO2削減と脱炭素化社会の実現に貢献しています。

環境関連データ

TCFD提言に基づく情報開示

当社グループは、経営理念「社会とくらしのパートナー~エネルギーと共に・車と共に・家庭と共に~」のもと、半世紀以上にわたり安定的にエネルギーとサービスをみなさまにお届けしてまいりました。急速に進む脱炭素社会への潮流にも対応すべく、環境ビジネスや次世代エネルギーにも早くから着手しており、2021年に「サステナビリティ方針」を策定し、さらに優先的に取り組むべき重要課題の一つとして“気候変動への対応“を特定いたしました。グループ全体で中長期的にサステナビリティ課題の解決に向けた取り組みを加速し、脱炭素社会の実現に貢献するアクションプランを実行しております。

そしてこの度、当社グループは気候関連財務情報開示の重要性を認識し、TCFD提言の考え方に基づき、気候変動が事業活動に与えるリスクならびに機会を抽出いたしました。今後も経営戦略として気候変動への対応を新たな事業機会と捉え、継続的に取組みを強化してまいります。なお、TCFD提言に基づく開示は適宜見直しを図り、今後も適切な開示を行ってまいります。

COOLCHOICE(クールチョイス)への参加

低炭素社会に向けた気候変動対策キャンペーンである環境省主導の国民運動「COOL CHOICE(=賢い選択)」に賛同し、「クールビズ」「ウォームビズ」「エコドライブ」「グリーン購入」「不要な電気のスイッチオフ」「食品ロスへの啓蒙」など省エネルギー行動を促進しています。また、本社では、プラごみを減らす取り組みとして、来客呈茶用のペットボトルをラベルレスに変更したほか、プラスチックマドラーや個包装コーヒーミルクを廃止しました。

CDP(気候変動)への回答

当社は様々なステークホルダーに対しサステナビリティに関する取り組みについて積極的な情報発信を行っています。その一環でグローバルスタンダードとして全世界で広く認知されているNGOであるCDPに参加し、2019年度から気候変動の質問書に回答しています。