健康経営と労働安全衛生

「より良い会社」「働きがいのある会社」「家族・社会に誇れる会社」であるために

社員の健康保持増進と安心して働くことができる環境を整え、社員一人ひとりがやる気とやりがいをもって活き活きと働くことができるよう健康経営を推進しています。会社の成長を支える社員のモチベーションと生産性向上、組織の活性化によりパフォーマンスの最大化を目指しています。

健康経営コミットメント

伊藤忠エネクスは“社会とくらしのパートナー 〜エネルギーと共に・⾞と共に・家庭と共に〜”を経営理念として掲げ、お客様の求めるサービス・事業の追求と社会の持続的発展に努めてきました。
これまでも、これからも、いつもお客様に寄り添い、価値を創造していく。その原動⼒は社員⼀⼈ひとりの健全な心と体であると考えています。
すべての社員が最⼤限に能⼒と個性を発揮し“社会とくらしのパートナー”として貢献し続けるために、社員と家族のいっそうの健康維持・向上に努め、安心して活き活きと働き続けることのできる会社を実現します。

2020年3月 代表取締役社長 岡田賢二

グループ行動宣言(社員との関係)

私たちは、関係するすべての社員の健康と安全に配慮し、安全で働きやすい職場環境をつくる努力をします。
※伊藤忠エネクスグループ行動宣言より抜粋
(グループ行動宣言は、役員・社員全員が毎年確認し、すべてのステークホルダーに向けてコミットしています。)

 伊藤忠エネクスグループ行動宣言 全文

働き方改革「ENEX EARLY BIRD」

当社グループは働き方改革「ENEX EARLY BIRD」のもと、社員の健康推進や一人ひとりの生き方を大切にし、多様な人材が力を活かせる体制作りに取り組んでいます。
社員一人ひとりにとって「より良い会社」「働きがいのある会社」「家族・社会に誇れる会社」を実現します。

【実施策】
1.夜型残業から朝型勤務に転換
2.顧客や社内の会食・飲み会は22時まで
3.有休休暇の取得率 目標80%以上
4.BMI25未満の社員割合 目標8割以上
5.非喫煙者の社員割合 目標8割以上
6.コミュニケーションの質を2ランクアップ
7.会議・ミーティングの質を2ランクアップ
8.資料・文書の質を2ランクアップ

健康増進に向けた具体的な取組み

~体制~
健康増進を経営課題として戦略的に実行する体制を構築しています。
2016年に代表取締役社長が宣言し、促進を開始した働き方改革「ENEX EARLY BIRD」で、3つの柱の1つとして「健康重視」を掲示、2020年3月に「健康経営コミットメント」を表明しました。コーポレート部門長および人事総務部長が健康経営推進担当者となり、人事課、健康管理室、社会貢献・総務課ならびにその他各部署が実施策を企画立案・実行し社内へ浸透させていきます。
人事総務部長が委員長を務める衛生委員会が健康経営推進ならびに労働安全衛生向上の取組みを広く発信、周知し、健康経営のPDCAサイクルを作っており、各委員が従来の衛生委員会の枠を超えて、健康力向上に向けた取り組みを実施しています。
各エリアにおいては、各支店長が衛生推進者となり健康経営推進ならびに労働安全衛生向上のための各施策を実施しています。また、年に2回ほど衛生委員会と衛生推進者で全体会議を実施し、健康経営の各施策レビューを行い、健康力改善につなげています。

がん・疾病予防策

・全社員の定期健康診断受診を就業規則で義務付け
・健康診断とがん検診に関するeラーニング実施(健康推進担当役員のメッセージ入り)
・法定を上回るがん検診実施(年代別)

・2次検査費用補助
(要精密検査、再検査、要経過観察 3ヵ月/6ヵ月の判定が出た社員の該当項目の2次検査費用を会社が負担)
・40歳以上配偶者健診の補助金を支給
(健保組合からの配偶者健診補助とは別)
・がん対策推進企業アクションに加盟し、がん検診の重要性や、がんリテラシー向上のための情報発信

がん・疾病・傷病治療と仕事の両立支援

・長期的な治療が必要になった時のプロセスと支援体制を明示
・長期的な治療が必要な社員の病状、通院の頻度、就業状況に合わせた両立支援プランを策定
・「健康経営ハンドブック」にて両立支援策、両立支援体制、各制度の詳細を掲載
・有給休暇(取得単位:時間・半日・全日)の利用
・未使用有給休暇の繰り越し
(過去2年分の未使用繰り越し有給休暇の振替利用)
・時短勤務、フレックスタイム制度、時差出勤の利用
・勤続年数に応じた休職給(休職中の給与)の支給
・がん両立支援金制度
(健康保険適用外の先進医療費補助 500万円/回、休業所得補償)
・療養見舞制度
・復職後の体調管理、ケア等に配慮した復職プログラム

ヘルスリテラシ—向上策
健康セミナー(睡眠について)

・「健康経営ハンドブック」を社員向けに公開
(健康経営の目的、コミットメント、各施策・制度を明示)
・新入社員研修および管理職研修にて健康経営についての研修プログラム実施
・産業医による講義を実施
・社員向けの健康セミナーを実施
 [2017年度テーマ]健康全般について(BMI,ストレス、禁煙)
 [2018年度テーマ]笑いと健康について
 [2019年度テーマ]睡眠について
・社内向けポータルや社内SNSで、健康診断全体結果と分析を開示、健康情報を発信
(がん対策推進企業アクションに加盟し、がんリテラシー向上のための情報も発信)
・通信教育受講料の会社負担
(メンタルヘルスマネジメント検定、認知症介助士資格、ストレス対応力など)
・健康情報や診断結果全体概要・改善策を周知
・社員向けeラーニング実施
・健保組合による個人向け健康ポータルサイト提供

ワークライフバランスの推進

・残業の事前申告制度、入退社時刻を正確に記録するシステムを導入
・有給休暇取得目標を80%以上とし、部署ごとの有給取得ランキングを社内にて公表
・夏季休暇の連続取得(5日間)の奨励
・時間単位有休、フレックスタイム、時差出勤制度、時短勤務等の制度導入
・モバイルワークや出勤のしやすいシェアオフィスを活用した勤務
・福利厚生としてJTBえらべる倶楽部を利用
(宿泊費用特別補助、テーマパーク・映画チケット・スポーツクラブ特別補助
・生活サポート等)
・充実した特別休暇制度
・永年勤続表彰制度(特休と旅行券の支給)
・保養所

コミュニケーション活性化のための取組み

・営業部門のワンフロア化
・部署ごとのフリーアドレス導入
・イベントも開催できる社内カフェの設置(コーヒーサーバー、ライブラリースペース、健康器具の設置、昼食・軽食等の購買)
・イベント創出(季節のイベント、スポーツイベント、健康増進にもつながる社会貢献活動の実施等
 ※社員の家族も適用となるボランティア活動支援制度有
・グループ社内報発行および社内SNSの活用(社内用向けポータル、yammerなど)
・地域の祭りやスポーツへの協賛
・スポーツ部活動費用補助

メンタルヘルス対策

・ストレスチェックの実施とフォロー(高ストレス者への負荷軽減策を適宜検討)
・ハラスメント相談窓口、内部通報窓口、ヘルス・メンタル相談窓口の設置
・健康管理室(保健師・産業カウンセラー)によるカウンセリング
・従業員意識調査の実施
・保健師によるメンタルヘルス研修実施

生活習慣病予防

・社内スポーツ活動部費補助(5万円/月)            ・健康イベント参加促進
・健康コーナーに血圧計、体組成計完備              ・スポーツチームへの協賛とPRで健康意識醸成
・スポーツクラブ費用補助                    ・スポーツエールカンパニー認定取得
・社内カフェに健康器具設置                   ・立ち会議スペースの設置
・購買のカロリー・糖質表示、サラダなどの副菜販売

女性特有の健康課題
管理職研修に健康経営・女性の健康課題についてのプログラムを組み入れ

・管理職研修にて女性の健康課題についての研修プログラム実施
・婦人科検診費用の会社負担
・女性専用休憩室の設置
・社員向け「出産育児両立支援ハンドブック」発行

感染症予防

・インフルエンザ集団予防接種を会社内にて実施
・マスクの配布
・風疹予防接種の呼びかけ
・新型コロナウィルス対策(時差出勤、在宅勤務推奨、情報発信、社内除菌の実施)
・社内各所へのアルコール消毒液設置

インフルエンザ予防接種の様子(社内)
禁煙対策

・禁煙外来費用の会社負担
・禁煙補助剤購入費用の会社負担
・禁煙オンラインサポート費用の会社負担
・喫煙者への禁煙セラピー書籍の配布
・禁煙啓蒙の情報発信(社内向けポータル、セミナー等)

海外赴任者の健康管理

・渡航前の各種ワクチン接種
・健康相談窓口の設置
・外務省「海外安全対策・危機対策」、海外渡航に関する注意喚起の配信

健康KPIと結果

施策実行と社内周知、効果検証を行い、健康力向上につなげています。

救急救命と災害時対応

・普通救命講習の受講 
・救急対応マニュアル掲示
・救命用具、防災備蓄品、防災用品、防災マップ完備
・防災・避難訓練の実施
・防災士資格取得社員数200名以上
・BCP活動の定期的実施
・災害対応ベンダー(食糧・飲料)の設置
・本社・各エリア・災害対策担当者の衛星電話所持
・社員の安否確認システム
・緊急連絡網体制の整備

防災・避難訓練

外部評価

当社グループは働き方改革「ENEX EARLY BIRD」を推進する中で、社員の健康増進や一人ひとりの生き方を大切にし、多様な人材が力を活かせる体制づくりに取り組んでいます。
この結果、2017年度より毎年「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定されています。また、定時退社の推進、スポーツを行う社内団体に対し活動費を一部補助するなど社員のスポーツ活動を推奨しており、その結果として2017年度より「東京都スポーツ推進企業」及び「スポーツエールカンパニー」に認定されています。

もしもの時

・死亡・障害見舞金
・子女育英資金制度
(社員が死亡または高度障害により退職した場合、その子女に大学を卒業するまで奨学金を支給)
・弔事の旅費支給