伊藤忠エネクス株式会社

重要課題とアクションプラン

サステナビリティ重要課題(マテリアリティ)

2021年11月に策定したサステナビリティ方針に基づき、サステナビリティ課題(マテリアリティ)を特定しました。これらの課題に対する取り組みを通じて持続可能な社会づくりに貢献し、より一層の企業価値向上に努めてまいります。
また、重要課題に関する取り組みについては、サステナビリティ委員会において進捗を管理してまいります。

エネクスグループのサステナビリティ方針はこちら

アクションプラン

特定したサステナビリティ重要課題に対し、リスクと機会を抽出したうえで、事業活動ごとの具体的なアクションプランと目標を定めています。
今後、PDCAサイクルに則ってグループ全体で中長期的にサステナビリティ推進を加速してまいります。
(2022年度の進捗レビューは、2023年度に掲載予定)

1.気候変動への対応
2.エネルギーへのアクセス
3.人材活用
4.コーポレートガバナンス